今までよりももっと安くなる自動車保険

今までよりももっと安くなる自動車保険

皆さんはどんな自動車保険に加入していますか? 車を初めて所有するとき、自動車保険がなんなのかよく解らず、とりあえず事故の時でも安心して対応ができるように加入した覚えがあります。 私の場合、職場で団体加入している自動車保険会社がありましたので、何も考えず加入をしてしまいました。 対人、対物賠償は無制限にしていましたが、その他は何のオプションを付けているのかも分かりませんでしたし、給料から引かれていましたので実際にいくら支払っているのかもよく知りませんでした。 しかしながら、最近インターネットを見ていると、自動車保険料が会社によって大きく異なることをしり、改めて自動車保険の見積もりを行ってみました。 自動車保険の勧誘は日々良く受けることが有りましたが、どんな自動車保険だってそんなに変わらないものだと思っていましたが、最近では自動車保険料の見積もりも、その車の利用者や利用目的に応じたリスク細分型自動車保険が主流となっておりますので、保険料も大きく異なってきます。 もしも、自分が加入している自動車保険が高いなぁと思っているならば一度他の会社で見積もりをしてみたらどうでしょうか? 特に、今加入する自動車保険がリスク細分型を採用していない自動車保険ならば安くなる確率が非常に高いでしょう。 例えば、ゴールド免許をお持ちであればそれだけで安くなりますし、年間の走行距離が少なくなったり、週末しか運転しないのであればその分安くなります。 その他にも地方に住んでいるなら安くなりますし、コンパクトカーやファミリーカーなど、比較的事故率が低い車に乗っているならば安くなる場合だってあります。 これらの割引制度は自動車保険会社によって異なりますので、まずは自分の条件を洗い出す必要が有るでしょう。自分にあった自動車保険を選ぶにはまずは自分のスタイルを整理する必要があります。 その次に必要なのが情報集めです。どの自動車保険会社がどの様なサービスを行っているのかを調べる必要があります。 最近ではインターネットが普及していますので、これを使えば簡単に各社のサービスを調べることができます。 数社の料金を一括見積もりして貰えるサイトも有りますが、あまりにも細かいサービスになるとそこまで見積もりが出来ない場合もありますので、自分のスタイルに応じて見積もりをお願いすると良いでしょう。 また、最近の自動車保険は保険内容のみならず様々なサービスを受けることが出来ます。例えばロードサービス付帯の自動車保険に加入すればJAF等のサービスを別途加入する必要も有りませんのでその分安く利用することが可能です。 少しでも安い自動車保険に加入するならば、自分の利用スタイルにあった保険に加入しましょう。自動車保険ランキング.jp

自動車保険の種類は色々な種類があります。自動車保険に加入するということは自賠責保険では補えない部分の補償を手厚くするために加入する目的があります。しかし自動車保険の種類というのは色々とありますから、それをよく理解して加入しなければ、無駄な保険料を支払うことにもつながりますので注意しましょう。 自動車保険の種類として、対人賠償保険があります。こちらは自賠責で足りない分の上乗せとなり契約者とその家族以外の他人に適応されます。対物賠償保険は、他人が持っている物や車に対しての補償です。 搭乗者傷害保険も自動車保険の一つですが、こちらは契約者を含めて、車に一緒に乗っていた人全員が対象になる保険です。自損事故保険は、自分が起こした事故に対して支払われる保険で、無保険者傷害保険は、任意の保険に入っていない車との事故の場合などに降りる保険です。ひき逃げなどにも適応される自動車保険です。 そして自動車保険の種類としては、人身傷害補償保険があります。これは事故を起こしてしまった場合の過失割合に減額なしで保険金がもらえる保険です。 車両保険というのは契約をしている車の修理や損害に対して保証されます。これらが基本となる自動車保険の種類ですが、これ以外にも特約と呼ばれるオプションがあり、臨時運転者特約、他社運転危険担保特約などもありますし弁護士費用担保特約などもあるので、自動車保険の種類というのは実にいろいろな種類があります。

自動車保険のなかには、車両保険と言う保険があります。これは文字通り車両、自分で運転する車にかける自動車保険の一つの種類なのです。「自分の車の損害を補填するため」のものなのです。残念なことに、もしも、事故に会ったとき我が身よりも被害者への補償が一番大切と考えると、自分の車はどうであれいいだろうと考えがちかもしれません。しかし、現代のような車社会ではどれだけ気をつけていても、事故に遭遇するとはわからないことなのです。状況から、双方に過失があった場合においては、自ら車の修理等をやらなくてはならないのです。また、時として我が身でくるまを傷つけてしまったということも、起こらないとは限りません。自動車保険のなかでも、車両保険は保険料が高いというイメージがあるかもしれないのですが、1998年以降の大幅な規制緩和がきっかけで、自動車保険を扱う多くの会社が自動車保険の内容に独自のサービスや割引をつけるようになり、バリエーションが増えました。とにかく、ちゃんと車両保険に入っていれば、事故にあっても安心ということなのですが、車両保険には4通りの付帯方法があるのです。「自分は自動車保険では車両保険をつけているから、どんな事故にあっても大丈夫だろう」と思っている人は意外と多いのが現実です。実際、事故にあってから自分の自動車保険の保険証券を見て、補償されないことに気づいたというのでは、意味がないのです。適用できる事故としては、‘単独事故’‘他車との衝突’‘当て逃げ’‘台風・洪水’‘火災・爆発’‘盗難’‘落書き’‘いたずら’です。自動車保険により、保障してもらえる事故の範囲によって、コースが分かれています。最上級は『一般車両』コース。これなら全てのケースをカバーしてもらえます。其の外に、車との事故のみをカバーする『エコノミー』、そして、災害や盗難などの走行危険以外をカバーしてくれる『限定A特約』というのがあります。『限定A特約』と、『エコノミー』を組み合わせるコースもあるのです。自動車保険とひと言でいっても、其の中で、どんな保険を付帯させるかで、自動車保険料はかわってくるのです。エコノミーだと、他車との事故だけをカバーする自動車保険ですから、保険料は安いということになります。しかし、自動車保険はどんな形で、私達を守ってくれるものなのか判らないでしょうから、経済的な考慮も入れながら、各社の自動車保険を見比べ、検討するとよいでしょう。

自動車保険は、最初に自動車を購入する際に入った保険を、継続される場合が多いのですが、これは無事故の場合の「割引等が継続しなければ、続かない」等の誤認識が多いようです。現在の自動車保険は、他の保険会社で無事故の継続があった場合の割引等級は引き継げるため、自動車保険の保証の内容等により、契約継続時点で変更することも可能になっています。Webで「自動車保険」で検索を掛けると、自動車保険の一括見積もりのサイトが山のように出て来ます。現実に、自動車保険は基本的に掛け捨てであることに加えて、かなり高い保険料を支払っていますから、自動車保険加入者は、「少しでも安い自動車保険に入りたい」というのが、本音でしょう。現在のように自動車事故の補償金が高騰しているため、自動車保険に入らずに自動車を運転するのは、狂気の沙汰に近いものがあります。それにしても、自動車保険を比較する際に、1つ1つの自動車保険を見ていくことは、非常に面倒ですし手間がかかるものです。従って、自動車保険の一括見積もりサイトでは、原則として車検証・現在の自動車保険証書・契約者の免許証を準備して、Web上で各種条件を入力し、送信ボタンを押すと見積もりが出てくる保険会社が選択されて、それぞれの保険会社から第1弾の見積もりが、郵送なりメールなりで出てくることになります。現在では、見積もりサイト上でも自動車保険の金額や補償内容等の情報が掲示されて、その中で欲しい状嫌悪自動車保険を選択することも充分にできます。 通常の自動車保険の一括見積もりサイトでは、10〜20社前後の自動車保険会社と、リンクが掛けられており保険会社の反応も相当に早いものがあります。基本的に翌日には、「各社の自動車保険の見積もりが出そろう」というのがほとんどになっています。自動車保険の差としては、走行距離や使用頻度により自動車保険の掛け金に差が出てきたり、使用頻度などでの割合などでの差がほとんどですが、この様な自動車保険での競争の度合いが激しくなってきているため、「サービスを削って、保険の掛け金を安くする」と言うことはできないようです。故障の際のレッカーサービスや修理代金など、ほとんどが無料になっているように、やや「サービス競争が過多かなあ」と思えるほどですが、実際の所、今までの保険の掛け金が高かったというのが原因に思われてきます。自動車保険の一括見積もりを行い、現在の自動車保険会社に提示しても、競争ですから現在の保険が、保険料を下げてくることも充分考えられます。自動車保険の改訂期日が3ヵ月以内であれば、自動車保険の掛け金を下げるためにも一括見積もり、やってみましょう。

日本で、自動車保険の商品で、営利を目的としない 自動車保険商品があります。これは、JA共済の「自動車共済」や全労済の「マイカー共済」などです。『自動車保険』とはいわないで『自動車共済』というのです。まず、組合員になって、自動車保険を契約するのですが、加入者になると、特典として保養施設の割引などが受けられます。また、地方の町では、農協が普段の生活に密着して存在していることからも、自動車保険となるべき、『自動車共済』への加入が身近なものとなっています。◇自動車を所有してないと自動車保険には入れないのかと思われがちですが、車を持っていなくとも、自動車保険には加入することが出来ます。この保険では他人のケガや物に対する補償と、同乗者の補償があります。契約時は6等級から始まり、無事故だと翌年1等級すすみます。保険料もとても経済的で、比較的気軽に入れる保険となっています。本人・家族が車を所有しない人で、他人の車を運転することがよくある人ならば、このような、自動車保険を選ぶという選択肢があります。◇自動車保険では、物損を補償するものに、対物賠償保険があります。これは他人の物しか賠償してくれないので、もし、自分の車で自宅を壊してしまったということが起こっても、残念ながら自分の家は自分で直すことになるのです。また、親の家も他人の家とみなされないのです。しかし、保険会社によっては、さまざまな状況に適応する自動車保険の商品を用意していますから、研究してみるとよいでしょう。◇自動車保険はかけたまま、一年間使わないにこしたことはないのですが、もしお世話にならなくてはいけない状況になった場合に、 自動車保険の対人・対物・車両保険のいずれかを使うと3等級下がります。自動車保険は1等級から20等級(全労済は22等級)まであります。6等級からスタートして、一年間事故がなければ、1等級上がり7等級になります。ちなみに1等級は最低等級ですので、1等級の人は事故を起こしても翌年1等級のままです。◇最近はペットを飼う家庭の増加で、車にペットを乗せて移動するドライバーも多いようにみうけられますが、自動車保険のなかには、被保険自動車に搭乗中のペットが交通事故によりケガをしたときに治療費を一定額まで払ってもらうことができるというものもあります。このように、 自動車保険を幾つかの視点でみてきましたが、何を選ぶかはドライバーの腕にかかっていることは確かです。


ホーム RSS購読 サイトマップ