今までよりももっと安くなる自動車保険

ロゴ
トップページ
<通常の保険料よりも割安で加入することが可能>
皆さんはどんな自動車保険に加入していますか? 車を初めて所有するとき、自動車保険がなんなのかよく解らず、とりあえず事故の時でも安心して対応ができるように加入した覚えがあります。 私の場合、職場で団体加入している自動車保険会社がありましたので、何も考えず加入をしてしまいました。 対人、対物賠償は無制限にしていましたが、その他は何のオプションを付けているのかも分かりませんでしたし、給料から引かれていましたので実際にいくら支払っているのかもよく知りませんでした。 しかしながら、最近インターネットを見ていると、自動車保険料が会社によって大きく異なることをしり、改めて自動車保険の見積もりを行ってみました。 自動車保険の勧誘は日々良く受けることが有りましたが、どんな自動車保険だってそんなに変わらないものだと思っていましたが、最近では自動車保険料の見積もりも、その車の利用者や利用目的に応じたリスク細分型自動車保険が主流となっておりますので、保険料も大きく異なってきます。 もしも、自分が加入している自動車保険が高いなぁと思っているならば一度他の会社で見積もりをしてみたらどうでしょうか? 特に、今加入する自動車保険がリスク細分型を採用していない自動車保険ならば安くなる確率が非常に高いでしょう。 例えば、ゴールド免許をお持ちであればそれだけで安くなりますし、年間の走行距離が少なくなったり、週末しか運転しないのであればその分安くなります。 その他にも地方に住んでいるなら安くなりますし、コンパクトカーやファミリーカーなど、比較的事故率が低い車に乗っているならば安くなる場合だってあります。 これらの割引制度は自動車保険会社によって異なりますので、まずは自分の条件を洗い出す必要が有るでしょう。自分にあった自動車保険を選ぶにはまずは自分のスタイルを整理する必要があります。 その次に必要なのが情報集めです。どの自動車保険会社がどの様なサービスを行っているのかを調べる必要があります。 最近ではインターネットが普及していますので、これを使えば簡単に各社のサービスを調べることができます。 数社の料金を一括見積もりして貰えるサイトも有りますが、あまりにも細かいサービスになるとそこまで見積もりが出来ない場合もありますので、自分のスタイルに応じて見積もりをお願いすると良いでしょう。 また、最近の自動車保険は保険内容のみならず様々なサービスを受けることが出来ます。例えばロードサービス付帯の自動車保険に加入すればJAF等のサービスを別途加入する必要も有りませんのでその分安く利用することが可能です。 少しでも安い自動車保険に加入するならば、自分の利用スタイルにあった保険に加入しましょう。

<自動車保険の種類>
自動車保険の種類は色々な種類があります。自動車保険に加入するということは自賠責保険では補えない部分の補償を手厚くするために加入する目的があります。しかし自動車保険の種類というのは色々とありますから、それをよく理解して加入しなければ、無駄な保険料を支払うことにもつながりますので注意しましょう。 自動車保険の種類として、対人賠償保険があります。こちらは自賠責で足りない分の上乗せとなり契約者とその家族以外の他人に適応されます。対物賠償保険は、他人が持っている物や車に対しての補償です。 搭乗者傷害保険も自動車保険の一つですが、こちらは契約者を含めて、車に一緒に乗っていた人全員が対象になる保険です。自損事故保険は、自分が起こした事故に対して支払われる保険で、無保険者傷害保険は、任意の保険に入っていない車との事故の場合などに降りる保険です。ひき逃げなどにも適応される自動車保険です。 そして自動車保険の種類としては、人身傷害補償保険があります。これは事故を起こしてしまった場合の過失割合に減額なしで保険金がもらえる保険です。 車両保険というのは契約をしている車の修理や損害に対して保証されます。これらが基本となる自動車保険の種類ですが、これ以外にも特約と呼ばれるオプションがあり、臨時運転者特約、他社運転危険担保特約などもありますし弁護士費用担保特約などもあるので、自動車保険の種類というのは実にいろいろな種類があります。



Copyright(c) 今までよりももっと安くなる自動車保険. All right reserved.